×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者お父さんの無料アフィリエイト

初心者お父さんの無料アフィリエイトグーグルアドセンスを徹底攻略>グーグルアドセンスの広告に公共サービスの広告が表示されるのはなぜですか?


グーグルアドセンスの広告に公共サービスの広告が表示されるのはなぜですか?

グーグルアドセンスの広告に公共サービスの広告が表示される理由にはいくつかあります。その理由を1つ1つ見ていきましょう。

訪問者の方に悪影響を与えるようなホームページの場合
訪問者に悪影響を与える可能性があるホームページ・成人向けサイト、不快感を与えるようなホームページ、グーグルアドセンスの規約に反するホームページでは、ホームページの管理人の収入になるような広告は表示されません。

またホームページ事態が問題なくても、ホームページのあるページに問題となるキーワードがあると、そのページでは公共サービスの広告になります。問題となるキーワードとは、訪問者に悪影響を与える言葉・不快感を与える言葉・青少年にとってよくない言葉などがあたります。


グーグルによってクロールされていない場合
もしもあなたのホームページがグーグルによってクロールされていない場合(グーグルの検索エンジンで検索してもホームページが見つからない場合)公共サービスの広告が表示される場合があります。この場合、グーグルのクローラーがあなたのホームページをクロールするまで、ホームページに適した広告が表示されません。まずはグーグルにクロールしてもらうために、他のサイトと相互リンクをしたり、グーグルにサイト登録することでクロールされます。グーグルによるサイト登録はコチラ


ホームページでフレームを利用している場合
フレームを利用していると、グーグルアドセンスのクローラーがあなたのホームページ情報をうまく読み取ることができず、公共サービス広告が出てしまう場合があります。もしもホームページでフレームを利用している場合は、広告コードを生成するときに 『フレーム構成のページ』のチェックボックスを選択してください。 これにより、グーグルアドセンスのクローラがフレームからホームページの情報を収集することができるようになります。


ホームページでログインが必要など特定の人を対象にしたホームページの場合
グーグルアドセンスのクローラーはログインが必要なホームページに対応しておらず、関係性の低い広告や公共サービスの広告が出てくることがあります。


グーグルアドセンスの広告をイメージ広告のみ表示するように制限した場合
グーグルアドセンスの広告をイメージ広告(バナー広告と同じ)のみに限定した場合、公共サービスの広告が出る可能性が高いです。グーグルアドセンスではテキスト広告に力を入れており、イメージ広告の数は少ないです。イメージ広告は数が少ないぶん、関連する広告も少なくなるため自然と公共サービスの広告が出やすくなります。
ちなみにイメージ広告とは下のような感じです。通常のテキスト広告はこの文章の1番下にあります。イメージ広告はこのページの説明どおり、公共サービスの広告がでているかもしれません。



ホームページを判断するための要素が少ない場合
グーグルアドセンスの広告にどのような広告がでるかは、クローラーの情報集によって行われます。クローらによりホームページを巡回したときに、どのような内容のページなのか判断するのに十分な情報がなければ、公共サービスの広告が出る可能性が高いです。このような場合情報量を増やし、グーグルアドセンスのクローラーにどのような内容のホームページか読み取ってもらいましょう。


グーグルアドセンスに登録
↓ ↓ ↓ ↓


初心者お父さんの無料アフィリエイトへ戻る




スポンサードリンク