×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者お父さんの無料アフィリエイト

初心者お父さんの無料アフィリエイト>感情に訴えるアフィリエイト広告をつくろう


感情に訴えるアフィリエイト広告をつくろう

あなたならどちらの広告を選びますか?

1、『 航空券を20%ディスカウント! 』

2、『 なぜあなたは、航空券に無駄金を使い続けるのですか? 』

私なら2番を選びます。みなさんはどちらの広告を選びましたでしょうか?こちらは実際に行われた実験で2番の方が10倍も多く選ばれました。

この2つの広告の違いは、1番が理屈で2番が感情です。人間の心は理屈では動きません。感情によって動かされるのです。恋愛でもそうですね。理屈で相手のことがどれくらい好きか一生懸命説明しても、相手はまったく好意を持ってくれません。

学生時代の私はまったくもてずその理由を今考えると、いつも理屈で女性に話しかけていたように感じます。
「もっと気持ちを表す言葉を会話のなかにいれておけばなぁ〜」
とふと過去を悔やみながら説明していきます。

人間が行動を起こすきっかけとは何でしょうか?ここでは広告をクリックするという行動をおこしてもらうために考えていきましょう。訪問者の方が広告をクリックする理由は、

1.苦痛から逃れるため

2.快楽を求めるため

の2つの理由が考えられます。人は(苦痛)と(快楽)という2つで、行動を起こすのです。この2つに共通していえることは極めて動物的な感情に近いということです。人は理屈ではなく、感情で行動を起こし考えるのです。

人々を苦しみから解き放ち、幸せや喜びへと導くのです!なんか宗教っぽくなってきました(; ̄ー ̄A
でもアフィリエイトでお小遣いを手に入れるためには大切なことです。
「不安が解消されそう」
「困難が解決されそう」
「苦しみが減るのではないか」
「楽になれそう」(肉体的・精神的)
「幸せな気持ちになれそう」
「美味しそう」
「面白そう」
「楽しそう」
「得しそう」
「安心できそう」
「自慢できる」などなど

訪問者の方がこのような気持ちを抱けるような文章をつくり、広告を貼ることができれば、あなたもアフィリエイトでたくさんのお小遣いを手に入れることができます。

訪問者の方の感情に直接訴えるかける広告にしてください。理屈の広告は好ましくありません。

私はラーメンが好きでよくラーメン屋さんに行きますが、看板にうまいラーメンと書かれているところは基本的に入りません。よっぽど人が入っている店を除きますが。やはり理屈で
『うまいラーメン』
と説明されてもお客さんの心には響かないのです。

お客さんの心を動かすためには、理屈から感情へ変える必要があります。この場合はおいしいラーメンのによいを店の外にだして、お客さんをひきつけてもらいたいものです。

あなたのアフィリエイト広告は大丈夫でしょうか?理屈ばかりになっていませんか?感情に訴えかけるような広告と文章を増やしてみてください。きっと今のアフィリエイト報酬がアップします。




スポンサードリンク


初心者お父さんの無料アフィリエイトへ戻る