×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者お父さんの無料アフィリエイト

初心者お父さんの無料アフィリエイト>検索エンジン対策でアフィリエイト


検索エンジン対策でアフィリエイト

検索エンジンには大きく分けてディレクトリ型とロボット型があります。

ディレクトリ型検索エンジンとは、ホームページの種類をカテゴリーに分類し、それぞれのカテゴリにあったホームページを手動で登録する検索エンジンです。ディレクトリ型検索エンジンの代表的な会社はヤフーです。ヤフーによる審査に受かり、登録されることは現在非常に難しいと言われています。

ロボット型検索エンジンは、クローラーと呼ばれるものが、機械的にインターネットを巡ってホームページの情報を集め、一定の規則にしたがって分析、整理して登録しています。ホームページをページ単位で見て1つ1つ自動で登録しているところが、ロボット型検索エンジンの特徴です。ロボット型検索エンジンの代表的な会社はグーグルです。

検索エンジン対策は人が行うディレクトリ型検索エンジンのほうではなく、機械が自動で行うロボット型検索エンジン対策と言うことになります。ロボット型検索エンジンでは、クローラーがページ1つ1つ見て、ある基準でそのページがどれくらい重要か判断します。もしクローラーに重要なページであると判断されたら、訪問者の方がある言葉で検索したとき、100万ページの中で、あなたのページの1番上に来ると言うことも可能です。

ではロボット型検索エンジンに重要なページであると見てもらうための方法を紹介していきます。

ホームページの名前でアフィリエイトの収入アップ
情報量を多くしてアフィリエイトで成果をあげる
ページの最上部にキーワードを入れアフィリエイトの収入アップ
キーワードをひんぱんに入れることでアフィリエイトの収入アップ
キーワードを適切なHTMLタグで囲みアフィリエイトの収入アップ
被リンク数を増やしてアフィリエイトの収入アップ

ロボット型検索エンジンは、登録申請があったホームページを
クローラやスパイダーなどと呼ばれるロボットが自動で巡回します。
そのホームページにあるリンクも巡回対象となります。

そのため巡回して取得したデータの全てが検索対象となります。

検索エンジンの上位表示には様々な要素があり、
ロボットがその順位を決めているということです。

そのロボットに「狙ったキーワードで上位に表示してもらう。」
という工夫を行うのがSEO対策ということになります。


テクニックはいろいろとありますが、
まず、「キーワードをちりばめる」ということがあります。




初心者お父さんの無料アフィリエイトへ戻る




スポンサードリンク